このページでは、Javascriptを使用しています

診療内容


診療について

診療について



主な診療内容

乳がん検診

マンモグラフィー、超音波診断装置、および視診、触診を通じて、乳がんの早期発見を目的とした検診を行います。 乳がんの疑いが否定できない患者さんには、さらに精密検査として乳管造影検査や細胞診、組織診を行い、確定診断をします。
また、必要に応じてMRI、CT、PET、アイソトープ検査などが必要と考えられる患者さんには、提携病院での検査を提供いたします。

乳腺疾患の小手術

局所麻酔による小手術にて対応できる乳がんを含めた乳腺腫瘍などに対しては、当クリニックにて治療を行います。また、乳管区域切術、乳頭形成術など専門的な治療も行います。
また、院長の執刀による全身麻酔の手術をご希望の患者さんには連携病院でおこなうこともできます。



乳がん治療

当クリニックにて治療が可能な乳がん患者さんには手術治療の他、抗がん剤治療やホルモン療法を行います。

乳がん術後のフォロー

大きな病院では対応できない患者の心理的サポートや、術後のリンパ浮腫のケアや治療のアドバイス、リハビリテーションなどを指導します。

その他

甲状腺疾患の診断、治療、その他一般外科疾患の処置も行います。また、がん治療中の生活の質を向上するために代替補完医療の相談に応じます。



乳がん検診 診療メニュー

コース料金診療内容
Aコース¥13,000視触診・マンモグラフィ検診・超音波検査
Bコース¥8,500視触診・マンモグラフィ検診
Cコース¥8,500視触診・超音波検査

基本的に医師による視触診ですが、画像検査(マンモグラフィー、乳腺超音波検査)をすることによって精度が増します。
特にマンモグラフィー検診は乳がんの死亡率を下げることが証明されており、推奨されています。
しかし、年齢や乳腺の状態によっては、超音波検診を併用、あるいは超音波検診のみを選択する場合もあります。
どのコースを選択するか等、気軽にご相談ください。



このページのトップへ